menu
閉じる
  1. 良いドメインとは何を指すのか
  2. SEOに効果的な被リンクとは?
  3. 中古ドメインにリスクはあるのか
  4. 被リンクをチェックツールで確認
  5. 被リンクとは?SEOとの関係性
閉じる
閉じる
  1. 良いドメインとは何を指すのか
  2. 中古ドメインの管理方法
  3. 中古ドメインの詳しい運用履歴を見るには
  4. 中古ドメインにリスクはあるのか
  5. 下手な自作自演はリスクしかない
  6. サテライトサイトの在り方と運用の注意点
  7. 被リンク対策のアンカーテキストはどうすべきか
  8. SEOに効果的な被リンクとは?
  9. 被リンクをチェックツールで確認
  10. 中古ドメインを使う目的と選定方法
閉じる
中古ドメインとSEO対策を紹介する男性

中古ドメインがもたらす効果とは

中古ドメインに利用の需要があるのは、SEO効果があるからです。
なぜ、中古ドメインを利用することでSEO効果を得ることができるのでしょうか。

その答えを知るには、中古ドメインというものを理解する必要があります。

中古ドメインとはなにか

ドメインとは「インターネット上における住所」を示す文字列のことです。
サイトを運用するにあたり、ドメインが必要になります。
ドメインは世界でひとつつだけの存在で同じものがふたつとありません。
「誰が、いつまで保有しているか」というデータと共に世界共通で管理されています。

中古ドメインとは、過去に運用されたことがあるドメイン、誰かが取得していたことがあるドメインです。
何らかの理由で更新手続きを行わなかったり、維持費用を支払わなかったりするとドメインの所有権が消えます。
また、所有者がドメインを放棄する場合もあります。

このようなドメインが「中古ドメイン」と呼ばれるドメインになります。

中古ドメインの特徴とは

Webサイトを運営していく上で、多くの人に訪問して貰うためにGoogleなどの検索エンジンの上位に表示される必要があります。

検索エンジンは、検索順位を決める上で様々な要素から決めています。

検索する男性
  • ドメインがどれくらいの期間運営し続けているか(ドメインエイジの長さ)
  • ドメインがどれだけ信頼されているか(外部から被リンク数や質)

上記以外にも様々な項目を多数考慮し、検索結果の上位に表示するかどうかを決定します。

ドメインパワーという要素

ドメインパワーがサイトや検索結果に影響を与えます。
ドメインパワーは、ドメインエイジや被リンクの数や質、過去の運用により異なります。
新規ドメインと違い中古ドメインは、ドメインパワーを最初から持っているドメインということになります。

中古ドメインは過去の運営実績によりドメインエイジが長くなっているものが多くあります。
その点だけでも新規ドメインと比較すると、ドメインパワーが高くなっている傾向があります。
このため、ゼロからドメインを育てるよりも簡単に、強いサイトに育てられるというメリットがあるのです。

また、ドメインパワーは強ければ強いほど検索結果の上位に表示されることが期待できます。

期待できる効果とは

ドメインパワーが強い、良質な中古ドメインを入手することができればSEO対策で有利になることが期待できます。
過去の運用から蓄積されたドメインパワーを利用することにより、サイトリリース直後から価値がある状態にすることができるからです。

新規ドメインの場合は、長い期間をかけてコンテンツをアップしたりなどサイトを育てていく必要があります。
中古ドメインもその点は必要ですが、中古ドメインの場合はより短い期間で目標を達成できる可能性が高まります。

中古ドメインは選定が大事

中古ドメインの効果を得るためには、入手しようとしているドメインの情報をしっかりと確認することが大切です。
被リンク数が非常に多く、ドメインエイジのもある程度あるような中古ドメインは価値のあるように見ることができます。
ですが、被リンクもドメインエイジもあればいいものではありません。

自分のサイトの利用目的に適しており、質も伴っているということを見抜かなければならないからです。
中古ドメインを入手する場合は、きちんと過去のサイトの実績や被リンクの質を調べて売買目的で作られた中古ドメインではないか、などを見抜く必要があります。

中古ドメインの活用方法

中古ドメインはただ利用するだけでは、中古ドメインが持つSEO効果を発揮できているとは言えません。
更なる効果を生むためには、中古ドメインをどう扱うべきなのでしょうか。

301リダイレクトなどの下準備

301リダイレクトの作業を行う男性

中古ドメインのバックリンク資産やドメインパワーを活かすためには、301リダイレクトや過去のサイト構造を踏まえたサイト作成を心掛けましょう。
まるっきり同じにしなくても効果はありますが、出来る限りドメインに適したサイト設計をオススメします。

良いサイトであることは前提

闇雲に質の高い中古ドメインを高値で購入し利用したとしても、正しく理解して利用できていなければ意味がありません。
真の意味でのSEO効果を生み出すには、サイト自体の質を高めることをまず意識しなければなりません。

ドメインの価値は運用の仕方により変化していきます。
質の高いドメインは始めのうちは効果を発揮しますが、サイトの質が悪いままなら価値はどんどん下がります。

質の高いサイト、良いサイトとは

ユーザーの求めるものが用意してあり、価値があると思われるサイトでなければいけません。
ユーザーがなにを求めているかを常に意識して、コンテンツを増やしたり、既存のコンテンツを改良していくなどの継続的な運用が必要です。
ただ単にコンテンツを更新することとは違い、ユーザーのためになるかということが大事です。

また、ユーザビリティを意識したデザインや機能を用意することも重要です。
内容と同時に利便性の向上も必要だからです。

これらのことを意識したうえで、中古ドメインを利用することができれば効果は高まることでしょう。

中古ドメインの効果を過信しない

中古ドメインはSEO効果を高める有効な手段のひとつではありますが、安易に中古ドメインを利用し力を過信してはいけません。

質の悪い中古ドメインはリスクもありますし、SEO効果がある中古ドメインだとしてもあくまで以前のサイトに価値があったためだからです。
上質な被リンクやドメインパワーを中古ドメインから得られたとしても、不適切な利用の仕方で中古ドメインを使っていけば瞬く間にサイトの価値も中古ドメインの価値も下がります。

中古ドメインを利用しているからと言って手を抜いていいというわけではありません。
サイトそのものの価値を高める努力は必要になります。
常に多くのユーザーが求める信頼性の高いコンテンツを更新していくことが重要です。

質の高い情報を提供し続けていけば、サイトの評価が増し被リンクの獲得やSNSでの拡散に繋がりドメインパワーを高めます。

このように適切なサイト運営をしていくことが中古ドメインの効果をより引き出し効率よく運用させることに繋がります。

中古ドメインとSEO対策

Webサイトは被リンクを獲得することで、検索結果に影響を及ぼします。
必ずしも被リンクの獲得が上位表示に繋がるとは限りませんが、Googleの評価指標のひとつになっています。

被リンクを獲得するために行うSEO対策を被リンク対策と言います。

被リンク対策に中古ドメインを用いる利点

中古ドメインを活用する場合は、すでに被リンクの数を集めているという面で被リンク対策をしているとも言えます。
ですが、中古ドメインでもサテライトでの被リンク対策にしても被リンクの質に関しての意識は必要です。
中古ドメインは被リンク以外のメリットも大きく、質の高い被リンクを集めている中古ドメインであればより高いSEO効果が期待できます。

サテライトサイトによる自作自演

SEO対策において被リンク対策はこれまで重要な位置を占めていました。
代表的な方法として、サテライトサイトを構築し自作自演で被リンクを集めるという方法があります。
サテライトサイトというメインサイトとは異なるサイトを別に作成して、サテライトサイトからメインサイトへ被リンクを送るという方法です。
メインサイトの被リンクを増やすために、サテライトサイトを複数作成することで被リンクの数を増やしメインサイトの評価を高めるようにします。
かつては、被リンクの数が非常に重要なポイントになっていましたので、とにかく数を増やすという作業が行われていました。

もちろん、今でも被リンクの数は重要な評価ポイントではあります。
しかし、あまりにも急激に被リンクの数が増えてしまったり、サテライトサイトの中身が薄い場合にはスパム判定や不自然な被リンクの判定をされるなどペナルティを受けるリスクもあります。

コンテンツやSNSを利用して集める

重要なSEO対策のひとつに、コンテンツSEOというものがあります。
コンテンツSEOが注目されるようになった要因としては、ただ単に被リンクを集めるだけでは効果が薄くなったということが要因です。
これまでは、コンテンツ内容や質よりも被リンク数が重要視されてきたことが、質の高いサイトからの被リンクが求められるようになったからです。

コンテンツの質はサイトの質に繋がる

質にこだわらなければ、被リンクの数は容易に集めることが出来ます。
ですが、質の高いサイトや人気サイトからリンクされるにはサイト自体に質そのものが求められ容易ではありません。
サテライトサイトを利用するにもサテライト自体の質を意識しなければなりませんし、自身のサイトも被リンクを張られる価値があるサイトにしなければなりません。

SNSの利用

FacebookやTwitterといったSNSからの集客やシェアやリンクを集める際もコンテンツの質は重要です。
実際に利用したユーザーの評価がダイレクトに結果に出やすいということです。

SNSの利点は情報の拡散力が高いということがあります。
情報を拡散することで今までは獲得できかったユーザーやリンクを集められる可能性が高まります。

TwitterなどのSNSからのリンクはノーフォローが設定されているので意味がないと考える方も少なくありません。
ですが、SNSが多種多様になったことによりTwitterで発信された情報がその他のSNSやブログ、サイトで共有されたりすることも増えています。
そうして広がっていくことにより、流入や被リンクの数は高まるので意味はあると考えられます。

ピックアップ記事
  1. 良いドメインについて話し合う人たち
    良いドメインとは何を指すのか良いドメイン、良い中古ドメインとは何を指して言っているのでしょう…
  2. 管理方法について話す人たち
    中古ドメインの管理方法中古ドメインを取得してすぐにサイトリリースができる場合だけではありませ…
  3. 中古ドメインの運用履歴を確認する男性
    詳しい運用履歴を見るには中古ドメインは、過去に運用されていたドメインです。過去の運用によ…
  4. リスクの画像
    中古ドメインを利用することでSEO効果を得ることができますが、適切な選定や利用ができていなければリス…
  5. 自作自演のリスクでもめる人たち
    下手な自作自演はリスクしかないサテライトなどを使った下手な自作自演は、今ではリスクしかありま…
ページ上部へ戻る