menu
閉じる
  1. 被リンクとは?SEOとの関係性
  2. 中古ドメインにリスクはあるのか
  3. 良いドメインとは何を指すのか
  4. SEOに効果的な被リンクとは?
  5. 被リンクをチェックツールで確認
閉じる
閉じる
  1. SEOを冷静に考えよう
  2. コンテンツと被リンク対策の関連性
  3. 中古ドメインはSEO対策の『一部』と考える
  4. 良いドメインとは何を指すのか
  5. 中古ドメインの管理方法
  6. 中古ドメインの詳しい運用履歴を見るには
  7. 中古ドメインにリスクはあるのか
  8. 下手な自作自演はリスクしかない
  9. サテライトサイトの在り方と運用の注意点
  10. 被リンク対策のアンカーテキストはどうすべきか
閉じる

中古ドメインはSEO対策の『一部』と考える

中古ドメインはSEO対策に有効です。
しかし、中古ドメインを利用しただけでSEO対策は終わりではありません。

中古ドメインはあくまで一施策です。
その他のSEO対策も状況に応じて必要になります。

他のSEO対策も並行させる

品質の高い中古ドメインを利用していたとしても、SEO対策を中古ドメインだけに頼るというのは十分とは言えません。
他のSEO対策も自身でしっかり行うことが大切になります。

中古ドメインを利用していても外部対策や内部対策、ユーザビリティの改善や継続的な更新は必要不可欠な要素です。

コンテンツを疎かにしない

コンテンツに力を入れることが求められます。
ですが、結果が見えにくいのでわかりやすい対策に行ってしまいがちです。

コンテンツ以外のSEO対策も間違いではないですが、まずサイト自体がしっかりとしたサイトである必要があります。
被リンクによる外部対策を行うにしても同様です。
コンテンツがない、コンテンツの質が悪いサイトに被リンクが集まるとは考えにくいからです。

コンテンツSEOが大前提

ドメインパワーもユーザーからの支持も、信頼できるサイトでなければ高まりません。
ユーザー目線に立ち、読みたい、また訪れたいという価値があるサイト作りが肝心です。

また、コンテンツは専門的で独自性が高いほど、特定の分野での検索がされやすく価値が出ます。

ユーザーを意識したSEO対策とサイト運用

検索するキーワードをユーザーの気持ちになって考えることも非常に大切になります。
ユーザーが何を検索したいのか、何を知りたいのかということをまず考えてみてください。

つまり、検索の意図を読み取ることです。
検索体験最適化(SXO)という考え方が高まっています。
ユーザーの意図を読み取り、満足させられるコンテンツを用意しておくことが重要です。

効果を高めるために

中古ドメインを利用し効果を高めるためにも、真っ当なサイト運用が必要です。
コンテンツの充実、ユーザビリティの改善をまず行い、その上で被リンク対策などの外部対策が必要ならば行うべきでしょう。

正しいサイト運用を続ければ、新規ドメインで同様のことを行うことに比べて中古ドメインはより高い効果を発揮します。

関連記事

  1. 管理方法について話す人たち
  2. 中古ドメインの運用履歴を確認する男性
  3. 中古ドメインの利用目的を説明する女性
  4. リスクの画像
  5. 良いドメインについて話し合う人たち

おすすめ記事

  1. 良いドメインとは何を指すのか
  2. 中古ドメインにリスクはあるのか
  3. SEOに効果的な被リンクとは?
  4. 被リンクをチェックツールで確認
  5. 被リンクとは?SEOとの関係性
ピックアップ記事
  1. SEO対策を根本的に見直してみましょう。SEO(検索エンジン最適化)からSXO(検索体験最適化)…
  2. SEO対策
    コンテンツと被リンク対策の関連性コンテンツは内部対策で被リンク対策は外部対策と大きく分類され…
  3. 中古ドメインはSEO対策に有効です。しかし、中古ドメインを利用しただけでSEO対策は終わりではあ…
  4. 良いドメインについて話し合う人たち
    良いドメインとは何を指すのか良いドメイン、良い中古ドメインとは何を指して言っているのでしょう…
  5. 管理方法について話す人たち
    中古ドメインの管理方法中古ドメインを取得してすぐにサイトリリースができる場合だけではありませ…
ページ上部へ戻る