menu
閉じる
  1. 被リンクをチェックツールで確認
  2. SEOに効果的な被リンクとは?
  3. 中古ドメインにリスクはあるのか
  4. 被リンクとは?SEOとの関係性
閉じる
閉じる
  1. 中古ドメインの詳しい運用履歴を見るには
  2. 中古ドメインにリスクはあるのか
  3. 下手な自作自演はリスクしかない
  4. サテライトサイトの在り方と運用の注意点
  5. 被リンク対策のアンカーテキストはどうすべきか
  6. SEOに効果的な被リンクとは?
  7. 被リンクをチェックツールで確認
  8. 中古ドメインを使う目的と選定方法
  9. 被リンクとは?SEOとの関係性
閉じる

中古ドメインを使う目的と選定方法

中古ドメインの利用目的を説明する女性

中古ドメインに限らず、ドメインはそれぞれ特徴が異なります。
利用目的を定めたうえで中古ドメインの選定をすることをオススメします。

中古ドメインを購入するにしても値段はピンからキリまであります。
また、ドメインの質を見ないと何に適したドメインであるかという判断ができないからです。

中古ドメインは何でもいいわけではない

何でもいいと考えているなら、話は変わってきますが目的を持って中古ドメインの利用を考えているなら選定は慎重に行うべきです。
例えば、これから自身が運用するサイトの内容やジャンル、サイト形式などの考慮も必要です。
また、予算面での縛りもあるでしょうしその点も考えて選定しなければなりません。

使いわけが必要

メインサイトに利用することを考えているなら、ドメインパワーが強いものを求めるでしょう。
ドメインパワーが強いものは販売店では高値で設定されている場合が多いです。
信頼できる販売店であれば、納得して購入できるでしょうが購入前に調査しておくことは重要です。

サテライトサイトで利用を考えているならば、そこまでドメインパワーが強くなくても質が担保されているものを選ぶといいでしょう。
値段も上限を設定してあまり高値のものは買わないなどの線引きが必要です。

目的に合ったものを選ぶ

目的を決めた上でなければ選定できない要素が中古ドメインにはあります。
まずサイトのジャンルです。
ジャンルは必ずしも一致している必要はありませんが、近いジャンルのもので良いものがあればそれに越したことはありません。

また、中古ドメインを選ぶ際に重要なのは、被リンクです。
被リンクの数も重要ですが、見るべきは被リンクの質と内容です。
運用しようとしているジャンルと一致している内容や関連ある内容のサイトからの被リンクが多ければ効果は期待できます。
まったく過去運用していた内容と関係がない被リンクばかりの場合は、スパムなどの注意が必要です。

自分なりの基準を持っておく

中古ドメインの利用や選定の基準は各々異なってくることでしょう。
明確に定義できることではありません。
ですから、自分なりの基準を持っておく必要があります。

自分なりの基準に沿って運用実績やジャンルをよく調査し、価格も考慮してバランスの取れた中古ドメインを取得することが大切です。

中古ドメインを選ぶ際のポイント

中古ドメインは選定が重要です。
品質や特徴により中古ドメインの効果は左右されるからです。
また、マイナス要素やリスクを引き継いでいる中古ドメインを選んでしまわないようにしなければなりません。

価格だけで選ぶのは危険

中古ドメインの価格は1000円以下で購入できるものから高いものでは100万円以上するなんてものも存在します。
価格が高ければ価値や効果も高いと考えがちですが、実際にそうだと言い切れるものでもありませんし保証もありません。
中古ドメインは被リンクの質、過去の運用サイトの内容で品質が決まります。

注意したいポイント

すべてがそうであるとは一概に言えませんが、避けるべき点の例です。

  • 中国語、ロシア語、アラビア語の運用や被リンクが多い
  • リンク元ドメイン数と被リンク数が極端に違う
  • ECサイト
  • リンク集ばかりの被リンク
  • 空白期間が長い
  • あからさまなサテライトサイト
  • パーキング状態が長い

上記に当てはまるドメインは全てではないですが、注意深く選定したほうがいいでしょう。
また、被リンク数やスコアを水増しして価値があるように見せている中古ドメインも存在するため注意が必要です。

目利きをする必要がある

たくさんの種類の中から良質な中古ドメインを選ぶには、確実な目利きが必要となります。
目利きは経験を積むことや慣れることで培われるのですくに身につくものではありません。
ですが、信頼できる販売店からの購入でない限り必要な作業になります。
目利きの際に、大きく見るべきポイントは被リンクの質、過去の運用サイトの内容です。

被リンクの確認は出来る限りやるべき

被リンクの質というのは中古ドメインを選ぶ上で非常に重要になります。
ドメインの価値を確かなものにするためにも、被リンクの質を見極めなければいけません。
また、リンク元のサイト内容も確認しておいたほうがいいでしょう。

運用履歴の確認でリスク回避

ドメインが過去にどのような使われ方をしていたのかがわかる運用履歴を知ることで、ドメインの質がわかります。

ウェイバックマシンを使って過去のサイトがどのようなものであったのか確認しましょう。
怪しいサイト、空白期間ばかりなどGoogleペナルティを持っていそうなドメインは回避すべきです。

言語やドメインの文字列にも注意

日本語ではない言語からの多くの被リンクやアンカーテキストが多いものはリスクが高い可能性がありますので、避けたほうが無難です。
意味のわからない文字列や、数字だけのドメインも注意が必要です。

ドメイン名やアンカーテキストにブランド名が含まれるものやECサイト、営利目的のサイトも危険が潜んでいる可能性が高いです。

値段と品質のバランスを見よう

中古ドメインの選び方は価格や被リンク数ではありません。
多くの信頼できるサイトからの被リンクを待ち真っ当なサイト運用をされてきたドメインを選ぶことです。

価格も非常に重要にはなりますが、リスクを減らし効果的な中古ドメインを手に入れるためにも利用する目的や品質を優先して選定しましょう。

関連記事

  1. リスクの画像
  2. 中古ドメインの運用履歴を確認する男性

おすすめ記事

  1. 中古ドメインにリスクはあるのか
  2. SEOに効果的な被リンクとは?
  3. 被リンクをチェックツールで確認
  4. 被リンクとは?SEOとの関係性
ピックアップ記事
  1. 中古ドメインの運用履歴を確認する男性
    詳しい運用履歴を見るには中古ドメインは、過去に運用されていたドメインです。過去の運用によ…
  2. リスクの画像
    中古ドメインを利用することでSEO効果を得ることができますが、適切な選定や利用ができていなければリス…
  3. 自作自演のリスクでもめる人たち
    下手な自作自演はリスクしかないサテライトなどを使った下手な自作自演は、今ではリスクしかありま…
  4. サテライトの注意点を説明する男性
    サテライトサイトをどう扱うべきかサテライトサイトの在り方を考え直してみましょう。大量に抱…
  5. アンカーテキストについて話し合う人たち
    被リンク対策のアンカーテキストはどうすべきか被リンクを貼る際には、アンカーテキストを設定します。…
ページ上部へ戻る