menu
閉じる
  1. 中古ドメインにリスクはあるのか
  2. SEOに効果的な被リンクとは?
  3. 良いドメインとは何を指すのか
  4. 被リンクとは?SEOとの関係性
  5. 被リンクをチェックツールで確認
閉じる
閉じる
  1. SEOを冷静に考えよう
  2. コンテンツと被リンク対策の関連性
  3. 中古ドメインはSEO対策の『一部』と考える
  4. 良いドメインとは何を指すのか
  5. 中古ドメインの管理方法
  6. 中古ドメインの詳しい運用履歴を見るには
  7. 中古ドメインにリスクはあるのか
  8. 下手な自作自演はリスクしかない
  9. サテライトサイトの在り方と運用の注意点
  10. 被リンク対策のアンカーテキストはどうすべきか
閉じる

SEOを冷静に考えよう

SEO対策を根本的に見直してみましょう。
SEO(検索エンジン最適化)からSXO(検索体験最適化)に変化しています。

検索エンジンに向けた考え方ではなく、ユーザー、義とに向けた考え方が必要です。

順位だけ見るのは止めよう

SEO対策というと、とにかく検索エンジン上での検索順位を上げるだと思われている方も多いのではないでしょうか。
実際にSEO対策には検索順位を上げるために、ブラックハット、ホワイトハット、スパムなど様々な施策があります。
その中にはその時々の流行りの手法であったり、アルゴリズムのアップデートにより通用しなくなったりした手法も含まれます。

順位を上げることが目的ではない

SEOで検索順位を上げたいと思っている方はたくさん存在しているかもしれませんが、目的はそれだけではないはずです。
順位が高くても成果が生まれなければ意味がないからです。

検索順位だけではなく、ユーザーに検索されて訪問してくれた後に、Webサイトの魅力を感じてもらい、満足してもらえることも考える必要があります。
その結果として、Webサイト上での売上げアップや、リアル店舗への来店の増加などの成果も高まっていくことでしょう。

ユーザーにとって価値があるサイトが残る

SEO対策には被リンク、中古ドメインの使用、コンテンツを充実させることなど様々な施策がありますが、何にせよユーザーのためになっているかどうかが重要です。
外部リンクを増やすことや、とにかくコンテンツの量を増やしてキーワードも多く含ませるなどといった、検索エンジンに向けてのアピールだけではなく、ユーザに魅力を感じてもらうことやユーザの疑問を解決することなど、ユーザーの満足度を上げる取り組みがより大切になっていきます。

ユーザーが訪れた後どう思うか

SEOからSXO(Search eXperience Optimization、検索体験の最適化)に変わってきています。
検索エンジン側の理念としても、ユーザーを第一に考えており、ユーザーの満足度を高くするために、アルゴリズムのアップデートを行ってきています。
したがって、今後もアルゴリズムのアップデートは行われていきますが、そのアップデートが検索エンジン側の意図通りの結果になれば、ユーザーにとって価値のあるサイトが検索上位に残っていくことになるはずです。
SEO対策で検索順位を上げることだけを追い求めるのでなく、検索からWebサイト訪問後までの一連の流れにおける、ユーザー体験を冷静に考える必要があります。
ユーザーがWebサイトに何を求めているか、ユーザーを満足させることは出来ているか、足りない点はないか、などユーザー目線でWebサイトを運用していくことが求められていくでしょう。

おすすめ記事

  1. 良いドメインとは何を指すのか
  2. 中古ドメインにリスクはあるのか
  3. SEOに効果的な被リンクとは?
  4. 被リンクをチェックツールで確認
  5. 被リンクとは?SEOとの関係性
ピックアップ記事
  1. SEO対策を根本的に見直してみましょう。SEO(検索エンジン最適化)からSXO(検索体験最適化)…
  2. SEO対策
    コンテンツと被リンク対策の関連性コンテンツは内部対策で被リンク対策は外部対策と大きく分類され…
  3. 中古ドメインはSEO対策に有効です。しかし、中古ドメインを利用しただけでSEO対策は終わりではあ…
  4. 良いドメインについて話し合う人たち
    良いドメインとは何を指すのか良いドメイン、良い中古ドメインとは何を指して言っているのでしょう…
  5. 管理方法について話す人たち
    中古ドメインの管理方法中古ドメインを取得してすぐにサイトリリースができる場合だけではありませ…
ページ上部へ戻る